お腹が張るのは妊娠だけで結構

お腹が張るのは妊娠だけで結構

便秘といえば、筆者の妊娠経験時、それはそれはひどい便秘になったことを覚えています。妊娠初期、つわりがひどい妊婦さんは食べられません。妊婦さんによっては甚だしく偏った食生活になるため、妊娠中だけ便秘だった、という方もいます。筆者も妊娠中、ひどい便秘だったため、お腹が張ると、「これは赤ちゃんのハリなのか、便秘のハリなのか!?」と冗談とも取れるような感覚を持っていました。まぁ、無事に赤ちゃんを産むことが出来たので、今では笑い話ですが・・・。
お腹が張るのは妊婦さんだけで十分ですよね〜。一般の老若男女でお腹が張るというのは、かなりしんどい思いをすることになりますから、出来るだけ、便秘茶のような便利なものを活用して、快適な毎日を過ごしたいものです。
お通じは、快腸な人にとっては、当たり前のものですが、やっぱり健康を大きく左右する大切なものです。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは、体内環境がまだまだ発展途上ですから、便秘がちだったり、下痢をしたりします。そんな時は、体内環境だけでなく、気持ちにも表れ、夜泣きをしたり、不機嫌だったりするので、排便の状況は大切なものとなります。便秘茶という強〜い味方で、毎日お腹スッキリの快調な毎日を目指しませんか?